2015年4月28日火曜日

打点王

こんばんは。
前に「打点王の数字が伸びにくい」「100打点がリーグに一人とかになる」という記事を書き、
そのあとパワーの性能引上げで解決しました。
最近またそれを感じるようになり生成選手のパワー型を増やすことで強引に解決させたのですが、
そのせいか本塁打数がラビット並みに増えてしまいがちだったのでまた解決策を探っています。

原因は思いつくだけで3つくらいあり、そのうち一番大きな影響を与えていると思われるのが
「打順が固定されない」という点です。
これはセーブ王の時にも悩んだ点なのですが、能力査定によって選手の評価がしょっちゅう変わることは
能力を参照する打順組み替えにも大きな影響を及ぼします。
例えばある年の日ハム打線では、90打点以上を記録する選手が4人いたにもかかわらず
100打点以上を記録したのは0人でした。
dajun.png
これはそれぞれ3~7番あたりをたらい回しにされて打点が分散したのだと思われます。
現実ではやはりよほど不振でなければ4番は固定され続けるケースが多い。
解決策としてはクリンナップは一定の水準の成績を残している間は打順固定にするとか?
そもそも左右で打順違うケースもあるからなあ・・・

ちなみにどの打順が一番打点を上げやすいか、と疑問に思いましたが
実際のNPBのデータを調べるのは不適当だと思い、(4番に最強打者がいるんだから一番多いのは当たり前)
ゲーム内で実験しました。
全選手の野手能力を弾道4・回復99・リード4・その他50、投手能力を球速148キロ、スライダー4、カーブ4、フォーク3
全打順を固定して両リーグDH有り、成長なしで5年ほど回し、各年の打点を記録。
daten.png
これが打順別の一人あたりの打点です。
やはり4・5番が一番稼ぎやすくなっており、このあたりの打順に固定された選手ほど打点王争いに有利です。
6番が少ないのは以外。サンプル数不足が原因?
そういえば昔少年野球か何かの本で「6番は第二の1番打者」って読んだような・・・

2015年4月24日金曜日

PennantSpirits ver0.11

公開です。前回から半年ぶりという。アップデート方法はReadmeファイルでどうぞ。
データ上書きするので、事前にバックアップを取っておいたほうが安全です。

結局、去年の年末に作っていたものからあまり進歩していません。
将来的なことを考えてデータをかなり大きめに取っているのでファイルのセーブやロードにかかる時間がストレスになるかもしれません。
久々のアップデートなので色々忘れているような気がして不安ですが、
まあ、いつも通りデバッガーになったつもりで。

今回増えた要素
・選手データ画面の情報量増加
選手の年度別の能力や選手メモなどを見られるようになりました。
記録系と成長系は分けて表示するようにしました。
・将来性の導入
正確には将来性を知ることが出来るようになった、という方が正しいです。
査定能力と同じように査定回数を変更できますが増やすと重くなります。推奨は月一回です
・コーチ、監督システム追加
とは言ってもガワだけです。
始めると解任や変更もできないので年齢が200歳とかになります。
・検索機能
左下のブックマークのあれを左右にカチカチやると検索メニューが出ます。
選手名で選手を検索できます、ただそれだけです
・チーム情報画面追加
これは全然出来てないです。これまで采配メニューにあった一覧や主力をこちらに移しただけです。
他のメニューは今後作ります。
・その他バランス調整、バグ対応
走力に伴った盗塁頻度の向上、三振の段階化など

追記:不具合を修正した0.12を公開しました。